メインイメージ骨董品高価買取

減価償却

骨董品買取イメージ減価償却には3つの側面が在ると言います。

これは、資産評価、費用配分、そして資金回収と言う3つが減価償却における側面となるのです。骨董品に当てはめると、資産評価と言うのは、骨董品そのものの価値であり、買取専門店の鑑定士による鑑定を受ける事で資産評価を知る事が出来ます。

また、費用配分は骨董品を購入した時の費用であり、資金回収は品物を買取店で売った時の利益と言う事になります。
不動産などにおいては、年々建物が劣化していくことになるので、
減価償却費の分だけ減る事になりますが、
骨董品については品物の価値に応じて変動するのが特徴であり、時代が古い作品、有名な作家が作り出したもの、
そして保存状態が良好なものほど価値を高めると言われているのです。

尚、価値を見出してくれるのが買取のお店にいる鑑定士であり、経験を豊富に持ち、商品知識を幅広く有する鑑定士に鑑定を依頼する事で、売りたい骨董品の価値と言うものを適切に導き出してくれるのです。